自己破産

自己破産

債務整理には主に4つの段階があるといわれています。任意整理、そして特定調停、また個人再生、そして自己破産、困窮度に比例してどんどん事態が重くなっていき、自己破産は一番ハードなケースになります。

 

 

 

そのうちどのケースが選ぶかは自分で選択するというよりもその時のシチュエーションによって債務整理の専門家によって判断されてしまうことが多いです。自分ではたいしたことがないと思っていても、専門家から見るともう自己破産しかないということもありますし、実際に自己破産を考えていたら、そこまでする必要がないとたしなめられたりすることがあります。
会社設立 渋谷

 

自己破産すると社会的な信用力、そして債権者や連帯保証人に迷惑をかけ、将来一定の職業にはつけなくなり、その上クレジットカードを作ったり、ローンを組むことが当分できないなどのリスクを負うことになります。

 

 

 

それぞれ最善の方法を一緒に専門家と考えていくことになりますが、すでにかなり困窮しているようだと、本人の希望にかかわらず、一番大変な選択を迫られることになりますので、困ってきたら、早めに相談することが大事かもしれません。
 

 

だれもが将来にリスクを負うことはしたくありませんので、簡単に自己破産などはしないほうが得策です。その救済策を練ることも大事でしょう。完全に支払い不能の状態になって、破産申告を受けて破産者になり、その後の手続きで免責をうけて借金を帳消しにできる反面、持っている財産を差し押さえられてしまうので、借金もないが財産もない状態になってしまいます。