借金を減らす交渉のカード

借金を減らす交渉のカード

債務整理で借金を減らす為には、債権者との交渉が必要になってくる。これは個人でもできるし、弁護士に依頼することもできるのだが、なかなかタフな交渉になる。

 

 

 

特定調停であれば、弁護士に依頼せず自分でも対応していくことができるが、交渉の為のカードが必要になってくる。一番大きなカードは過払い金だろう。
 

 

過払いがあった場合、債権者側も自らの非を認めないわけにはいかず、交渉がスムーズなり、和解しやすい。しかし、そうしたカードもない状態の場合は、非常に減額は難しくなっていくだろう。

 

 

 

任意整理で、弁護士に相談した場合は、こうした交渉に長けているせいもあって非常に和解までがスムーズだ。

 

 

 

過払い金計算にも慣れている上、これまでの業務実績もあるので、債権者の特徴や交渉のツボをきちんと押さえているからだ。
弁護士費用も分割払いができたりするので、自分で借金を整理するのが不安であれば相談してみることをおすすめする。