債務整理をしたら

債務整理をしたら

弁護士に債務整理の依頼をして、相手方と交渉をして、話がまとまったとする。そうすると「これで問題にカタがついた」と思う人もいるかもしれない。しかしまだこれからが本当の勝負ということもある。

 

 

 

債務整理の中には、自己破産のように、借金をチャラにするという方法もあるにはある。しかしもしほかの債務整理の方法で、問題の解決を図った場合には、確かに借金の額は前よりも少なくなったかもしれない。それでも、多少なりとも借金は残ることになる。この借金については、引き続き、債権者に対して返済をしていかないといけなくなる。

 

 

 

よって、もし自己破産以外の債務整理が成立したのであれば、返済をきちんと行うことに集中をすべきである。債務整理をするのは、人生の再スタートを切ることが目的としてあるはずである。

 

 

 

ところがもし、返済に滞ってしまった場合には、次にステップに進むことができなくなってしまう。よって、借金の返済をしている間は、堅実な生活を旨としたいところだ。

 

探偵 兵庫