債務相談は弁護士に!について

遺産相続で債務について

遺産相続という聞こえは良いが、おまけに債務もついてくることも多いので注意が必要だ。例えば、土地建物と預金が遺産として相続する場合、合わせて故人の債務も引き受けることになる。

 

 

 

よく「負の遺産」という言葉を使うことがあるが、プラスもマイナスも含めて遺産相続されることは、覚えておいたほうが良いだろう。

 

 

 

これだけはなく、遺産相続の債務については特に注意が必要なことがある。それは、兄弟間などで遺産分割をする場合の債務の扱いについてだ。こういった場合、遺産分割協議書などでどう兄弟間で遺産と債務をわけるのかを決めたから安心と思っている人もいるだろう。

 

 

 

例えば、兄が土地建物を相続するかわりに、債務についてはすべて引き受ける、と決まっていた場合でも、債権者はそういった事はまるで関係なく、弟にも債務の返済を求めてくる場合がある。

 

名古屋で注文住宅を探すなら

 

これは遺産分割協議書は、あくまで当事者間の取り交わしであって、債権者にはまるで関係ないものだからだ。このあたりも含めて、債務というものは非常に複雑な面があるものなのだ。