消滅時効について

消滅時効について

借金を返済することができずに、消費者金融業者からの取り立てから逃れるために、夜逃げをする人も多いようである。夜逃げをする人にとって、一つの希望があるとよく言われる。それは、5年という期間を指す。

 

 

 

5年とは、消滅時効の期間を指す。もし5年以上経過をした場合には、消費者金融からの借金の返済請求権利がなくなってしまうのである。つまり、もしあなたが夜逃げをして、5年経過をすれば、住民票を移したとしても、消費者金融は手出しをすることができないというわけである。

 

 

 

しかし消滅時効についてであるが、勘違いをしている人も多いので注意をしよう。まず、消滅時効の5年とは、借入をしてからではなく、返済期限から5年が経過をしてからである。

 

 

 

またもし相手に返済をした事実があれば「債務の承認」といって、消滅時効が成立をしない可能性もある。もし5年という目標で夜逃げをする場合には、時効が有効になるかどうか、弁護士に相談をすべきである。