会社を設立するということ

会社を設立するということ

会社を設立するということはあなた自身の生活だけでなく、他人の生活にも何かしらの影響を与えることなのです。それは良い意味になるのか悪い意味になるのかは会社経営者次第ですね。会社を設立する際、いろいろと面倒な手続きがたくさんあったかと思います。

 

大島で評判のさくら歯科

 

しかしそれらは会社のあり方についての書類が多かったですよね。名称や定款、それに役員などなど。では会社設立後はどうなるのでしょう。会社が設立したらいざ、仕事開始!となりたいところですが社員またはパート、臨時社員、派遣社員…などを雇う必要がありますよね。

 

 

 

人を雇うということは保険料などのことも考えなければいけません。これもまた続きを要することになるのです。ではどこに届出を出せばいいのでしょう。税金に関することなら税務署、市区町村役場及び県税事務所(東京23区は都税事務所)、そして保険料となると労働基準監督署、ハローワーク、社会保険事務所でも手続きが必要となるのです。

 

 

 

この時点で面倒…と思う人は多いかもしれません。1つの会社を設立するということはこれくらい責任があるものなのだということです。従業員や会社員を雇うたびに必要となる手続きなどもあるので忘れないように気を付けてください。

 

 

 

自分1人で届け出を全部完成させるのは非常に難しいことだと思います。そんな時は会計士や税務士、それに最近では会社設立専門のお助け事務所というのも数を増やしているようなので是非、チェックしてみてください。