贈与税を会計事務所で

贈与税を会計事務所で

財産を贈与する際に掛る相続税、あなたは申告の仕方を知っていますか?相続税は、誰もが皆支払わなければいけないものではありません。例え、財産を譲り受けたとしてもある一定の金額に達していなければ申告する必要もなく、結果相続税は掛らないのです。

 

 

 

相続税が掛る人の場合、相当のお金持ち…というイメージが強いのですがそれは一定の金額が高いということと繋がっているのです。相続税を申告するとなると恐らく法に関すること、税金に関することなどについてある程度の知識を身につけておかないと不安で仕方がないのではないでしょうか。

 

 

 

そこで会計事務所に相談し、申告の代行をお願いする人も多いようです。依頼金など発生しますが、やはりここはプロにお願いするのが1番…と思うのでしょう。また、相続税の際に依頼する人もいるかもしれませんが会社経営者などはそれ以前に顧問として付き合いがある…というところも少なくはないでしょう。

 

 

 

なぜなら会計事務所は相続税以外にも所得税・法人税・消費税などの確定申告書などの税務署に提出する書類の代行をはじめ、ビジネスの発展に力を入れるマーケティングなども行っています。

 

 

 

開業、独立の手助けにもなるので会社設立以来の付き合いだ…という会計事務所もあるかもしれません。ちなみに会計事務所とよく耳にしますが、法的にはこの言葉は存在しなく税理士事務所や公認会計士事務所、また監査法人、税理士法人などが会計事務所のくくりになっているのです。