任意整理

任意整理

任意整理は一番簡単、しかもダメージが少ない方法です。申し立て用件は特にありませんし、その上申し立て先も裁判外手続きになります。

 

 

 

つまり話し合いによって解決をしようという性格のもので、借金が少ない場合や、連帯保証人がいるケース、または破産をしたくない場合、自己破産で免責が得られない場合は、この任意整理をするのが一般的でしょう。

 

 

 

そして和解合意をしたならば、利息制限法の適用と、将来利息のカットをすることができますからまったく問題ありません。ただしこの任意整理をした場合、株式会社の取締役、税理士、弁護士などの場合は退職することになりますので、くれぐれも任意整理といっても慎重に行なうといいでしょう。

 

 

 

そうしたことを仕事として扱っている弁護士が退職しないといけなくなるのも当然とはいえかなり厳しい処置ということができるでしょうか。

 

 

 

任意整理はつまりは債権者と債務者との話し合いをどこまで歩み寄らせるかが焦点になりますので、できれば弁護士や司法書士の判断、そして力量にまかせてお願いしてしまったほうが交渉が早く済むことでしょう。

 

 

 

将来のことを考えると一番ダメージが少ないながらも、当然無傷とはいかないのが債務整理の怖いところではないでしょうか。くれぐれも借金することは計画的に行なわなければいけませんね。

 

まだ支払い能力や話し合いの余地が残っているときは、なるべく損害を最小限にする方法を債権者、債務者とともに考えていかないといけません。